Google Analytics(グーグルアナリティクス)に登録しよう

Google Analytics(グーグル アナリティクス)はGoogleが提供している無料アクセス解析ツールです。

アクセス解析と聞くと、訪問者数やページビューに目が行きがちです。訪問者数やページビューはもちろん大事な数字の1つですが、ブログ運営をしていく上で自分の記事は届けたい人や必要をしている人にきちんと届いているかどうか?もとても大事になります。

それを調べることが出来るのが、Googleアナリティクスです。アナリティクスはで訪問してくれたユーザーの属性やブログ内でのユーザーの行動を分析することができます。

何事もそうですが、強みを知る・対策を練る・改善する時にまずやることは現状を知ることです。現状を調べずに進めていく場合は仮説を立てて改善していく事になりますが、実際にデータを見てみると自分がよく見られている(だろう)と思っていたページは実はあまり見られておらず、反対にあまり気に掛けていなかったページが良く読まれていたという事は多々あります。仮説と結果の差を知らないまま改善するのは、とてももったいない事ですよね。

 

 

アナリティクスでは様々なことを分析することが出来ますが、ざっくりと例をあげると

・どの記事がよくみられているか

・ユーザーが最初に訪れた記事(入口)はどこか

・どの位の時間、ブログに滞在してくれているか

・ユーザーがブログから離れたのはどの記事か

・検索から?リンクから?どういう流れでブログに来てくれたのか

・新規ユーザーとリピーターの割合はどのくらいなのか?

など、ざっくりを上げただけでも自分のブログの現状をこれだけ知ることが出来るんです。私は実際にアナリティクスを使ってクライアント様の仕事をしていますのでもっと細かく分析しますが、良く見られている時間帯や曜日年代や性別パソコンかスマートフォンか?など、ざっくりとでは書ききれない位の情報を分析することも出来ます。上級編もしくは活用篇でGoogleアナリティクスの見方、分析の仕方もブログの学校で書いていきたいなと思っています。無料でこれだけ高性能なアクセス解析ツール、ぜひ活用してみてくださいね。

それでは、以下本日の授業になります。

本日の授業:Googleアナリティクスに登録しよう

1時間目:グーグルアカウントを作成する

アナリティクスを使うためには、グーグルアカウントが必要になります。まだアカウントを持っていないという方は、Googleのアカウントを作成しています。※すでにアカウントをお持ちの方は2時間目に進んで下さい。

Googleの Googleアカウントの作成ページ へ行きます。ここで作成するユーザー名@gmail.comがGoogleアカウントになります。「姓名・ユーザー名・パスワード」を入力し「次へ」を押します。

 

電話番号と再設定用のメールアドレスは省略できますが、再設定用のメールアドレスは万が一ログインができなくなったり不正ログインがあった際に必要になりますので設定しておいた方が良いでしょう。生年月日を入力し、性別を選びます。終わったら「次へ」を押します。

 

プライバシーと利用規約のページに進みます。利用規約を一番下まで読むと「同意します」のボタンが出てきますので押しましょう。

 

 

アカウント情報の画面に移ったら、Googleアカウントの作成は成功です。

 

 

2時間目:アナリティクスにブログを設定しよう

グーグルアナリティクスのページへ行き、ログイン→Googleアナリティクスを選びます。

 

「アナリティクスの使用を開始」から「お申し込み」へ進みます。

 

 

新しいアカウントを作成していきます。

トラッキングの対象・・・ウェブサイトを選びます。

アカウントの設定・・・アカウント名は後からの変更も可能です。今後、複数のサイトやブログを登録していく時のことも考えて、アカウント一覧からどのアカウント名がどのブログなのか?わかりやすい名前が良いでしょう。

 

 

次はプロパティの設定です。

①ウェブサイト名・・・ブログの名前を入力します。

②ウェブサイトのURL・・・ブログのURL(アドレス)を入力します。「http://」または「https://」を選ぶことが出来ます。すでにブログのSSL化が完了している方は、「https://」を選び直すのを忘れないようにしましょう。

【例】ブログの学校の場合 ブログの学校のURL(アドレス)は「https://blog-school.info/」なので、「https://」を選び直しblog-school.infoと入力します。(最後の / は付けなくてOKです)

③業種・・・該当する業種を選びます。

④レポートのタイムゾーン・・・国内のサイトやブログであれば、日本を選択します。

 

最後にデータ共有設定です。

 

 

特に気になるところがなければ、推奨のまま(全てチェックが入った状態)でOKです。

ここまで出来たら、最下部の「トラッキングIDを取得」を押しましょう。

 

3時間目:トラッキングコードを設置しよう

通常のホームページの場合は解析したいページ全てにトラッキングコードを貼りつける必要がありますが、ワードプレスを使っている場合は全ページに貼りつけるよりもプラグインを使う事で簡単に設置することができます。

プラグインを使わず通常のホームページのように全ページへ貼り付けようとすると、テーマを編集する必要が出てきます。

テーマの編集では、ほんの少しのミスでワードプレスが表示されなくなったり、修正しようにもある程度知識がないと元の状態に戻せなくなる可能性もあるので、初心者の場合は特にテーマを直接編集するということは避け、プラグインを利用した方が良いです。

プラグインは様々な物がありますが、ブログの学校ではAll in One SEO Packを使って設置していきたいと思います。

※All in One SEO Packはグーグルアナリティクスの設定のほかにも、SEO対策の為の設定や様々な機能をすることができるプラグインです。高機能なプラグインゆえに設定項目も多く慣れるまではなんとなく難しく感じますが、まずは重要な部分を設定し慣れてきたら徐々に細かな設定をしていくという形でも良いと思いますよ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です