記事にパスワードをかけて限定公開にする

ワードプレスは記事毎にパスワードをかけることができるので、たとえばちょっとイメージしただけでも

・通常の記事は誰でも読めるよう一般公開にしておいて、メルマガに登録してくれた方のみ見ることができる限定ページを作る

といったことも簡単にできますし、

・パスワードを途中で解除することもできるので会員のみ先行公開!にして一定期間経過後に一般公開する

といった使い方もできます。

 

先日、会員限定コンテンツを作りたいという案件がありました。仕事の場合は「どのような使い方をしていきたいか?」や「管理担当者のスキル」に合わせてたくさんある構築方法から最適な物を選んでいきますが、ブログの学校 初級編では「ブログ初心者が自分で出来ることをお伝えしていく」を大事にしていますので、まずはワードプレスの標準機能にある記事毎のパスワード機能の使い方を今回の授業でお伝えしていきます。

※ブログ全体にパスワードをかけて、会員向けのサイトのようにしたい時はプラグインを使いますが、今回の授業は記事毎のパスワード設定についてになります。

 

ワードプレスが使えるようになってくるとブログの活用に向けてできる事も増えますし、思い浮かぶアイディアや視点も広がっていきますよ。

それでは以下、本日の授業になります。

1時間目:パスワードをかける記事の準備

 

パスワードをかけたい記事を新規作成する場合:管理画面の「投稿」→「新規追加」からパスワードをかけたい記事を作成し、次に進みましょう。

 

 

既存の記事にパスワードをかけたい場合:「投稿」→「投稿一覧」からパスワードをかけたい記事を選んで次に進みましょう。

 

2時間目:パスワードの設定

記事が出来上がったら、投稿画面の右側最上部にある「公開」の欄を見ていきます。

 

通常公開の場合、以前の記事を書いてみよう の授業とおりに進めていきますが、パスワードをかける場合は、公開状態の横にある「編集」をクリックし、公開からパスワード保護を選びます。

 

パスワード保護を選ぶとパスワードが入力できるボックスが出てきますので、設定するパスワードを決め入力します。入力が終わったらOKボタンを押します。

 

何もしない状態の時は「公開状態:公開」だったのが、「公開状態:パスワードで保護されています」になりましたか?

 

ここまで問題なく進んだら「公開」を押しましょう。

 

3時間目:管理画面での表示のされ方

 

「投稿」→「投稿一覧」から見ると、パスワードをかけた記事には「パスワード保護」が表示されています。

 

 

4時間目:ブログ読者への表示のされ方

パスワードをかけて公開した記事は、読者からどう見えるか?を確認してみましょう。

ブログには「保護中:」と記事タイトルが表示されます。記事本文は表示されず、パスワード入力欄になります

 

パスワードを入力し確定を押すと、記事本文が表示されます。タイトルの「保護中:」はついたままになっています。

 

一度パスワードを入力してから10日間は、再度入力しなくても記事本文を観覧できる状態になります。

※パスワードの有効期限・時間はプラグインの利用やphpを書き換えることにより変更することが可能です。

 

5時間目:パスワードを変更したいとき

「投稿」→「投稿一覧」からパスワードをかけた記事を選び、2時間目のパスワードの設定と同じ手順で進みます。公開状態:パスワード保護 の横にある→「編集」を選び、新たなパスワードを入力し直します。

 

OKを押し、更新を押しましょう。

 

6時間目:パスワードを解除したい時

「投稿」→「投稿一覧」からパスワードをかけた記事を選び、2時間目のパスワードの設定と同じ手順で進みます。公開状態:パスワード保護 の横にある→「編集」を選び、パスワード保護から公開を選び直し、OK→更新を押しましょう

 

これでパスワードが解除され、記事は一般公開されます。ブログの表示を確認すると、タイトルから「保護中:」の文字が消え本文が公開されています。

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です